世界のセレブ・ファミリーヒストリー

英・米・豪・加で放送されている「ファミリーヒストリー」的番組 Who Do You Think You Areの興味深いエピソードを紹介します。セレブの家族史を通じて、世界の知らなかった出来事が見えてくる。今の世界を知る上でも、個人を知る上でも、色々興味深いこと満載です。

【料理人:ルーク・グエン】ベトナム戦争が生んだ家族の分断、感動の家族の再会

プロローグ

http://www.goodfood.com.au/content/dam/images/2/8/h/h/c/image.related.articleLeadwide.620x349.28lec.png/1351580442057.jpg

オーストラリアの有名シェフ、ルーク・グエン。レストラン経営のほか、料理・旅番組にも多く出演している。

料理はバランス、味のハーモニーだと教えてくれた両親だが、家族の関係はバランスやハーモニーと程遠かったという。ベトナムからオーストラリアにやってきた両親は働き詰めで家におらず、特に父親のしつけは時に暴力を伴うほど厳しかった。

ベトナム難民としてオーストラリアにやってきた両親

ルークの両親は、ベトナム戦争後の共産党の支配を逃れるため、ベトナムから手造りのボートで脱出した。母親は当時ルークを妊娠しており、ルークは1978年、タイで生まれた。オーストラリアに移住するまでは、タイの難民キャンプで生活した。

シドニーに移住してからも生活は楽では無く、ルークや兄弟は5歳から家族のレストランの手伝いを始める。両親は学校の成績にも厳しかった。

父親は事あるごとに激高する性格で、子供の頃は些細な事で折檻を受けた。このことが原因で、ルークは現在父親とは疎遠となっている。

彼のレストランを母親が訪れ、情報を提供する。母方の祖父ラムサンが、両親がベトナムを離れる時に書いた手紙を見せられる。そこには娘夫婦がベトナムを離れる寂しさ、2度と会えない事への覚悟、孫達の将来のために国を離れる事への理解が書かれていた。

ここで母親のルーツはもともと中国だということが初めて明かされる。祖父ラムサンは20代の頃、中国に妻子を残しベトナムに移住、そこで別の家庭を持った。

母はベトナムでの2度目の結婚で生まれた。中国に残された息子はすでに亡くなっているという。

中国に残された祖父の最初の妻、そしてその家族の消息はわからないが、40年前に送られてきた手紙があるという。この住所を元に、ルークは中国に向かう。

母方の祖父の足跡を求め中国へ

40年前の住所から、福建省南抗村の村長を尋ねる。村長は祖父の最初の妻を知っているが今どこに住んでいるかはわからないという。住民台帳から1936年生まれで農業を営んでいることがわかった。

またこの村は500年前、政治的迫害を逃れ、中国中部からやってきた客家の村であり、ルークにも客家のルーツがあることがわかった。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/26/Roud_tulou.JPG/400px-Roud_tulou.JPG

福建土楼と呼ばれる客家の住宅を訪れるルーク。中国の客家の60%がこの地方に住んでいるという。また1930年代に書かれたこの地域の記録を紐解くと、当時この村の人口に見合う十分な農地が無かったことがわかった。このため、多くの人々が職を求めて出稼ぎに出た。ルークの祖父も、そのためにベトナムに渡ったのだった。

中国からベトナムに行くには、ボートに乗り数ヶ月かかったという。自分の両親もボートに乗ってベトナムを脱出したことを考えると、複雑な気持ちになるルーク。

中国に残された家族との再会

祖父の家族が見つかったと連絡を受け、緊張しながら向かうルーク。そこでは祖父の最初の妻・つまりルークにとっては義祖母と、多くの家族が待っていた。ようやく会いに来てくれたと号泣しながら彼を抱擁する義祖母。

今まで知らなかった自分の大家族に囲まれ圧倒されるルーク。この家は代々先祖が住んでいた家だという。

中国からベトナムに向かった祖父は、結局中国に残された自分の息子に会うことは無かったという。ベトナムに移って2年後、家族を呼び寄せようとしたが、祖父の母親がそれを拒んで実現しなかったのだという。手紙のやり取りはあったが、その後家族が再会することは無かった。

それでも祖父は、家系図を書き残すなど家族の絆を忘れないよう努力していた。その中には、しっかりとオーストラリアにいるルークの家族のことも書かれており、祖父の家族に対する愛情を感じるルーク。

厨房に案内されるルーク。様々な行事や先祖崇拝のためのお供え料理を祖父はここで作ってきたという。ここで義祖母とお供え料理を作り、家族と夕食を囲む。

最後に、祖父がベトナムに向かう船に乗った川辺を訪れる。家族のためボートに乗り外国に向かった祖父、そして自分の両親のことを思い、自分の母親が今ここに一緒に来れればよかったのにと涙ぐむ。

父方のルーツ・ベトナム

ルークの母方の祖父はその後サイゴン(現在のホーチミン)で果物商として生活を安定させる。

そこで出会った同業者が、ルークの父方の祖父であった。ルークの両親は、祖父同士が意気投合し、お見合い結婚したのだった。

自分の父親には数年間会っておらず、父の背景もよく知らないというルーク。

ホーチミンに住む叔母を訪ねると、そこで16世代に渡る家系図を見せられる。

父方の祖父は2005年まで存命していたが、ルークは会ったことがない。家系図によると、ベトナム南部サイゴンではなく、北部ハノイに近いハイフォンの生まれ。

また曽祖父もハノイ生まれで、気象台に勤めていたことがわかった。

ルークの父親共産党、つまり北ベトナムと戦った経歴を持つため、家族は皆南部出身だと思っていたが、祖父、曽祖父が北部出身であることは驚きであった。

今まで祖父の話が出てこなかったのはそのためかもしれないと語るルーク。

 フランス官吏の曽祖父、レジスタンスの祖父

祖父の生まれ故郷、ベトナム北部ハイフォンを訪れるルーク。曽祖父が勤めていた気象台もまだ残っていた。1902年にフランスが建てた気象台は、当時インドシナ地方の気象ネットワークを全て管理していたという。

気象台勤務時代の曽祖父の写真も見つかる。フランスがインドシナを支配していたこの時代、気象台で働くためには、フランス語が堪能である必要があったという。

祖父もまた、フランス式の教育を受けるエリート校に通っていたという。

1942年、曽祖父がサイゴンに転勤となる。当時、学生の間ではフランスに対するレジスタンスに参加する動きが出ており、サイゴン移住を機に、ルークの祖父もその一員となった。

フランス式の教育を受けたのになぜフランスへのレジスタンスに参加したのか。ハノイに残る祖父の母校を訪れるルーク。ここでの教育は、ベトナムの若者を「フランス人」として教育し、フランスの植民地運営の一端を担わせることが目的だったという。

しかしここで「自由平等博愛」精神を学んでも、植民地下でベトナム人がそれを享受することはないことに気づいた若者たちが、独立に向けて立ち上がることとなる。

実際レジスタンスのリーダーの多くは、フランス式教育を受けた若者であった。

1941年、ホーチミンベトナムの独立を目指し、ベトミン(ベトナム独立同盟会)を設立。1945年にはベトナムの独立を宣言する。しかしそれに対抗するフランス軍との間で、9年に渡るインドシナ戦争が起こったのだった。

サイゴンでの祖父の活動

ホーチミンに戻りさらに祖父のレジスタンスとしての足跡をたどるルーク。叔父により、祖父はレジスタンス構成組織のリーダーだっただけでなく、祖母もそのメンバーだったことが明かされる。

ある日祖父がプロパガンダのビラを撒いているところをフランス警察に見つかってしまう。当時露天商をしていた祖母のバスケットの中にビラを隠したところ、代わりに祖母が逮捕され、拷問を受けることになってしまった。

自分のせいで逮捕されてしまった祖母に会いに拘置所に通ううちに二人は恋に落ち、結婚したのだという。

その後活動が失敗すると、祖父はジャングルに入り、ベトミンが拠点としていた「War Zone D」と呼ばれるエリアに1947年から実に7年間潜伏する。

祖母はその間も露天商として働き、ルークの父を出産した。

祖父はとても優しい人物であったという。なのに自分の父親はなぜあんなに気性が激しいのか。「16歳の頃でも、すぐに何かあると兄貴に殴られた。自分が間違っていなくても殴られたが、受け入れるしかなかったね」と笑う叔父だが、それを厳しい表情で聞くルーク。

ホーチミン南部にある「War Zone D」は、ベトミンの拠点となった100キロ四方のジャングル地帯で、訓練や情報収集、戦闘の意思決定などが行われていた。彼らはいわゆるゲリラ戦法で戦ったため、フランス軍はこの地域には入り込めなかったという。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/68/VietnamCuChiTunnels.jpg

無尽に張り巡らされた地下壕に入るルーク。ベトミンはここに潜伏し、時にフランス軍を急襲するなどした。

レジスタンス活動が家族に落とした影

祖父のレジスタンスとしての活動は、グエン家に影をもたらす。当時の政治犯が集められ、拷問を受けたという建物を訪れるルーク。ここで政治活動の代償を支払ったのは、祖父ではなく、曽祖父であった。

大叔父(祖父の弟)によると、ある日フランス警察が突然訪れ家宅捜索を行い、そこに居合わせた曽祖父を連行してしまう。原因は祖父のレジスタンス活動であることは明らかであった。

曽祖父は3時間の拷問を受け、家に戻されるが、その後強制労働キャンプに送られてしまう。拷問と強制労働で受けたダメージから回復することなく、曽祖父は1950年50歳で亡くなった。

「息子と父を、戦争が家族をそれぞれ違う側に引き裂いてしまったのだった。それは君の家族にも影響を及ぼしたんだよ」

 ベトナム戦争が引き起こした家族の分断

1954年、フランス軍は撤退するが、今度は国が南北に分裂、1959年にはベトナム戦争が勃発する。共産圏の拡大を懸念するアメリカは資金と軍隊を投入、オーストラリアもそれに続いた。

 ルークの父は、アメリカやオーストラリアと共に、南ベトナム共産主義、つまりベトミンと闘っている。つまり、レジスタンスだった父と敵対関係であったと言える。

大叔父に話を聞くルーク。ベトナム戦争時、祖父は戦闘に参加するには歳をとってしまっていたが、「兄は明らかにまだベトミンと連絡をとっていたようだが、皆黙っていた。自分は士官学校に行ったので、卒業後はベトミンと戦わなければならなかったんだよ」

ベトミンの多くはその後ベトコンとしてアメリカ軍と戦い、勝利を収めた。

ベトミンと連絡を取っていた祖父はその後政府での仕事を得たが、敗者側であった大叔父は、その後再教育キャンプという名の強制収容所に入れられ、戻ってきたのは10年後であった。

戦争は、国の内部、そして家族の中でも、勝者、敗者という分断を生み出したのだった。

それでも祖父のことを愛している?と聞くルークに、兄弟だから当然だと答える大叔父。

ルークの父もまた、アメリカ側で戦ったため、このような収容所に入れられる可能性もあった。1977年、両親とまだ小さかったルークのきょうだい2人は、ボートに乗り、国を脱出した。

プロローグ

自分の家族の歴史のキーワードは犠牲とサバイバルだと語るルーク。家族のために中国を出た母方の祖父、国のために戦った父方の祖父、そして家族のためにベトナムを出た両親。

そして祖父達のことを知ることで、自分の両親がなぜこういう人達なのかを理解することができた。まだ自分の心の中にわだかまりはあるが、少しはそれが和らいだ、とも。

ひとこと

アジア人の有名人を取り上げた数少ない回、興味深く見ました。オーストラリアの有名人シェフということで、私は全く知りませんでしたが、彼はベトナムでもテレビ番組などに出演して、ある意味故郷に錦を飾っているようです。

父親がかなり理不尽に暴力を振るう人だったようで、父親のことを話すとき彼の表情が硬くなるのが印象的でした。一度は和解したものの、また過去を思い出すようなことが起こり、以降数年間連絡をとっていないとのこと。

こういうところも赤裸々に話すところは、日本のファミリーヒストリーではあまり考えられないかも?お父さんもこの番組を見たと思いますが、その後歩み寄れたのでしょうか。でも心の平穏のためには、距離を置くという解決策も時には必要であることはよくわかります。

中国もベトナムも当時重婚は良くあったことだそうで、2度目の奥さんの孫を中国の家族が涙と笑顔で迎え入れているところもとても印象的でした。いきなり大家族に囲まれて「シュールだ」と言っていましたが、そりゃそうでしょうね。

またベトナム戦争についても、まずは植民地支配への抵抗があり、さらに共産主義対民主主義の対立が起こった悲劇の歴史が良くわかりました。皆ベトナムの独立という同じ夢を持っていたのに、それぞれが違う側についてしまったことによる家族の分断。

昔日本にもベトナム難民が多くやってきましたが、色々差別もあったと記憶しています。彼らの苦労をどれだけ理解していたでしょうか。

 <オーストラリア版、Season 7 Episode 3 2015年>